TECS倶楽部

横浜にある 独立系 IT企業のブログです

元気を出して就活をしましょう

2013年度(2014年3月卒業予定者)の新卒採用も始めの正念場がきました。
大手企業では既に内々定を出していると聞いておりますが、中小企業の採用はこれから夏にかけてがある意味本番です。

弊社でも今年は所属する同友会主催の「Jobway」に参加して、これまで2回(年間合計4~5回予定)の合同企業説明会に出席しましたが、やはりこの時期に中小企業に目を向ける学生が少なく、余り成果が上がっていません。

その数少ない訪問者を対象に採用選考を進めておりますが、その作業の中で気がついたのは
「女子学生が元気で、男子学生が元気がない」
という事です。

弊社のようなIT企業は理系の人間が比較的多く、理系に強い男性が多い業界ですが、近年は女性も徐々に増えてきています。
特に最近では女性がリーダーとなって、男性を従えているピシッとした方もよく見かけます。

そのせいか、以前はIT系の企業のブースには男性が多く集まっていますが、今は3~4割程度が女性という感じです。
(私が就職活動をしていた十数年前とは全く違いますね)

弊社でももちろん性別で判断する事は全くありません。
男性女性、分け隔てなく評価をしております。

弊社の判断基準は、学生時代のプログラム経験や理数系の学科の成績では判断せずに、その人の元気や明るさ、作業に前向きに取組めるかという点を評価する様にしています。
(もちろんそれだけではないので、「元気で明るければ採用される」と思わないで下さい)

その為、合同企業説明会等で初めて応募者の方とお会いした際は、その方の明るさや積極性を見ていますが、ほぼ全くと言って良い程、女子学生の方が元気で明るく、色々な質問をしてきます。
男子学生は遠慮しているのか、“クールさ”をアピールしているのか、全然元気がありません。

他社の採用担当者とも話していましたが、「失敗するのを怖がっている」様な気がしてなりません。

IT業界の様に新しい分野の仕事においては、失敗を恐れずにどんどんチャレンジする気持ちが重要になります。
“無難に仕事をこなす”人間よりも、“多くの失敗をして、そこから学んで成長する”人間の方が魅力的に感じます。

受動的な方は中々成功しない業界です。
本気でIT業界で働きたいと思っている方は、もっと明るく元気に就職活動に励んで下さい。


[プライバシーマークのコンサルティング]
企業の情報セキュリティに対する備えは、年々その重要度が増してきています。
プライバシーマークの導入を少しでもお考えの企業様は、是非お問合せをして下さい。
導入目的の明示化や導入に関する留意点等をご説明致します。
また、更新時のサポートもお請け致しますので、まずはお問合せ下さい。

 お問合せ先 : P-Com@tec-system.co.jp

[人員募集継続中!]
言語的には、VB.NetJavaC#.Net、VC++と多岐に渡ります。
設計開発から運用保守まで長期作業が見込まれる作業が多数ございますので、是非、ご応募をお願いします。
お問い合わせだけでも遠慮なくご連絡を下さい。

[パートナー企業募集中]
技術者を多く抱えている企業のご担当者様は是非お声掛け下さい。
御社の営業をサポートして、技術者様に見合った案件をご紹介致します。

 お問合せ先 : eigyo@tec-system.co.jp