TECS倶楽部

横浜にある 独立系 IT企業のブログです

多角化サービスを提供できる底力

今朝からAWS(アマゾン・ウェブ・サービス)に障害が出て、ネット証券のサービスに
不具合が出たり、一部通信会社のサービスも利用しにくくなったりと影響が広範囲に
及んでいると報じられました。

先日も大手金融機関でもシステムトラブルがあったばかりなので、「またか!」と
思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、今回はネット証券側ではなく、
データ等を外部サーバーで管理しているサービスを提供しているところでの障害なので
不可抗力といっってもいいのではないでしょうか(異論あるかもしれません)。

ニュースのコメント欄を覗くと、「オンプレと比較して価格やメリットはどう?」「azureは?」というIT業界と一部のインフラマニアしか通じないようなコメントが

続出していました。

それにしても一般的には通販サイトという認識のAmazonが世界的なインフラサービスを提供しているのがとにかく凄いです。

先日、菅政権肝いりのデジタル庁が発足しました。
引き続き、菅総理が関与できるか何とも言えない空気になっていますが、AWSのような世界に股をかけるようなインフラサービスがもう一度日本発信で出来るように、ワクチン開発もそうですが、

政府が万全にバックアップして欲しいですね。

 

.K

 

f:id:tecs7740:20210902145506j:plain